アメリカ人男子中学生に日本語を教える

異文化コミュニケーション専門家 鹿内節子です。

アメリカ人男子中学生に日本語を教えて28時間がすぎた。

漢字学習が好きで、小学校2年生の漢字に入った。1年生は覚えたから。

音、訓、熟語など英語まじりの日本語(私が)で教えている。

オンラインだと、画面がホワイトボードになって双方で書き込むことができる。

なにしろテキスト「げんき 漢字」を自分で買ったくらい

漢字が学習したかったらしい。理由は、漫画が読みたいから。

漫画の原書購読、今っぽいね。日本語誇る、漫画文化なのである。