海外旅行は若いときに

異文化コミュニケーションの専門家 鹿内節子です。

このような時期に考えて
いたのは、若い頃に何か国も
海外旅行や生活をしてよかった
ということ。

昭和のイケイケ時代は、老後の
楽しみが海外旅行だったと思う。

でも、私は体力があって、好奇心があって
楽しめるのは若いときだと思っていた。
お金ができたらとか、時間ができたら
とか言ってたら、一生チャンスはまわって
こないことになんとなく気付いていたのだ
と思う。

おいしいものを後に残さずに、すぐ
食べようっと(たとえが違うか)

ともかく、コロナが終焉するのを待って
また、海外に行きたいと思う。