異文化理解力1

異文化コミュニケーション専門家 鹿内節子です。

「異文化理解力」 エリン・メイヤー著 のご紹介です。

「多文化の国籍のメンバーがチームを組む時の秘訣は、

ローコンテクストのやり取りを行うべき。」

ほのめかしは、行き違いが生じるため、具体的にわかりきったことでも

言語にして伝える。

============

・一人が口頭でキーポイントをまとめる、これは交替制。

・各人が口頭で今後自分がやるべきことをまとめる。

・ひとりが文書にしてまとめを送る。交替制で行う

=============

おさらいのシステムが必要だ。これはミスが起きる前に基準として

決めておく。

ローコンテクスト文化は、明文化する。

・組織図 (誰が誰のもとで働いているか示す)

・肩書 (誰がどの役職にいるか明確に示す)

・目標 (誰が何を達成すべきか示す)

・業績評価 (各人の業績を文書にして渡す)

===============

鹿内の感想

私が外資系(英国系)にいたときは、目標以外は、

レターでいただきました。目標はマネージャー、営業職には

ありましたが、事務職、秘書にはなかったです。

その後、全国規模の専門学校講師だったときは、生徒アンケート評価や

給料など契約書として渡されました。目標も書かされ、発表もありました。

組織や肩書も契約書に盛り込まれていました。

つまり、日本というハイコンテクスト文化で仕事をしていましたが、

実は、ローコンテクストな明文化をきちんとした企業にいました。

どちらも、働く人たちは、意思疎通ができていて、業績も伸びていました。

マネージメントがうまいという印象です。

アマゾン 異文化理解力

https://amzn.to/38wQ1u6