外国人の転校生が感じること

異文化コミュニケーション専門家 鹿内節子です。

ある番組でタレントAさん(ハーフ)女性が、日本の小学校に転校したとき、

友達になってくれた子に「そういうことは、ここ(日本)ではしないよ」となどと

教えてもらったと言っていた。

自分の容姿が外国人なので、なんだか溶け込めない思いをかかえていたAさんは

優しくて仲良くしてくれて、学校生活のことをアドバイスしてくれた友達に

感謝していた。しかし、

同じようなハーフの子が転校してきたとき、Aさんは、日本人の友達と距離をおいて

自分と同じ容姿、境遇の子と遊び始めた。そのときの心境は

「日本人の友達は、無理してハーフの自分と遊んでいるんだろう。

わたしよりほかの日本人と遊んだほうが楽しいだろう。

わたしは、同種のハーフと遊ぶほうが、みんな気楽だろう」そんな思いだったそうだ。

ハーフの子の心情は、自分から違和感を感じていて、日本人にはわかりあえない

何かがあったのだろう。壁をつくっていたこと。疎外感。

日本人同士だったら、「ただ、相性があわなかった。」で済むことだが、

人種が違う事の違和感を根底に、子供ながらにかかえていたのかと推察した。