特定技能の在留期限がなくなることで予想されること

外国人ビザ専門家 異文化コミュニケーション専門家 鹿内節子です。
【特定技能 在留期限をなくす方向】
以下の記事で予測されることは、(個人の意見)
1. 特定技能人材育成目的の日本語学校ができる。
2. 人材派遣会社、登録支援機関が日本語学校と提携。
  または、自前で設立。
3. 技能実習生は特定技能をめざす。または技能実習生にはなら ず、最初から特定技能を目指す外国人材が増加する。
4. 日本語能力試験、技能試験の受験生が増加する。
5. 外国人材コーディネーターが活躍する。
6. 技能実習生および監理団体はどうなる??登録支援機関もかねて、特定技能への道程をつくる。転職自由をどうするか。
========================
【特定技能 在留期限をなくす方向】
出入国在留管理庁が人手不足の深刻な業種14分野で定めている外国人の在留資格「特定技能」について、2022年度にも事実上、在留期限をなくす方向で調整していることが17日、入管関係者への取材で分かった。
熟練した技能があれば在留資格を何度でも更新可能で、家族の帯同も認める。これまでの対象は建設など2分野だけだったが、農業・製造・サービスなど様々な業種に広げる。
2021年11月17日 日経新聞デジタルから引用