外国人材の清潔感覚

異文化コミュニケーション専門家 鹿内節子です。

技能実習生の現場を知っている人たちの意見を聴いていると

外国人材の清潔感が日本人とかけ離れていることに驚く。

アジアの田舎から来た人は、家電の使い方や清掃のやり方、

様式トイレの使い方などが理解できていないようだ。

確かにアジアの農村地域と日本の衛生レベルは違うのだが、

教えてもなじまない習慣やすぐにきれいずきにはならない。

ただし、対処法はある。

清掃業者の費用を出しなさい!というときれいにする。

電気、水道代を1000円でも出させる。

そうすると、無駄につけっぱなしにはしない。

つまり、自分が払うという感覚が必要。

すべて、会社持ちだと思うから、浪費する。

自腹であることを自覚してもらうことが

教育となる。

日本人の清潔感と外国人の清潔感の差は激しいのだが、

少しでも、近づけてほしいと思う。

それには、きちんと教えることが必要。