日本語教師検定の1つ合格

異文化コミュニケーション専門家 鹿内節子です。

日本語教師の資格試験は2つ種類が
あります。その一つに合格しました。

実践力を求められる検定試験です。

語学は趣味ですが、英語、フランス語より
日本語の文法が一番難しいという実感。
日本語教師は尊敬でしかないです。

なぜか、ボランティアが多くて、待遇面では
いまいちなのが残念ですね。

私は、会話は、日本語ネイティブの日本人ですが、
外国人に説明することの難しさといったら
英語の比ではないです。

行政書士として、過去の顧客は、
日本語が上手なアジア人が
多かったので、仕事の場面では問題は
なかったです。

むしろ、欧米人のほうが
絶対に日本語はつかわねーよ!という
人が多くて、「郷に入れば郷に従え」を
知らんらしいなぁと思っていました。

日本では、これから、外国人とともに
職場で働く場面が多くなるでしょう。

むずかしい日本語をどうわかってもらえるか
日本人が工夫して歩み寄ることも大切。