直輸入のコミュニケーション本は使えない

異文化コミュニケーションの専門家 鹿内節子です。

コミュニケーションの本を
読んでいると、アメリカで
勉強してきた日本人が、アメリカ
仕込みの会話文を掲載している。

「私はいろいろなことを
言い過ぎたようだが、君の
感じていることを教えてくれないか?」とか。

こういう言い回しは、日本人は
現場ではあまり使わない。

アメリカのドラマではよく見る光景だが。

日本流にアレンジしないと使えない
コミュニケーション本が多いと思う。
直輸入の直訳はいただけない。